糖質制限ダイエットでリバウンドせずに痩せる方法

糖質を控えるだけで短期間でガッツリ痩せられると人気の糖質制限ダイエット
だけど実はリバウンドしてしまったり逆に痩せにくくなる人も多いって知ってた?

わたしも糖質制限をしてリバウンドした経験があるのですが、医学書や論文を読みあさって正しい方法に切り替えた結果ー18kgのダイエットに成功♡
今回はその時行ったリバウンドせずに痩せられる正しい糖質制限ダイエットの方法をご紹介します。

こんな人におすすめ
  • 正しい糖質制限の方法を知りたい
  • ダイエット失敗歴がある
  • 痩せ体質になりたい
  • 糖質を摂るのが怖くなってしまった

リバウンドしない糖質制限ダイエット

リバウンドせずに糖質制限ダイエットを成功させるには、4つのポイントがあります。

  1. 摂取量を守る
  2. 食材に気をつける
  3. タイミングを意識する
  4. やってはいけないこと

ひとつずつ解説していきます!

摂取量を守る

一番大事なのはやっぱり摂取量。
とはいえ少なすぎても多すぎても太る原因となってしまうので適正量を守ることが痩せる秘訣になります。

WARNING

そもそも糖質摂取量が少ない場合は
糖質制限をしても痩せにくかったりリバウンドする可能性が高くなるよ

詳しくはこちら 糖質制限は太る?!痩せない人と痩せる人の5つ違い

糖質制限中の摂取量

脳は糖質からしか栄養補給ができないので糖質制限中でも最低限摂取するべき量があります。
これを下回ると栄養不足になるだけで決して痩せはしないので減らしすぎないよう注意してください。

必要最低摂取量はこちら

これは糖質制限中でも絶対にとらなくちゃいけない量なので
これ以上は減らしすぎないよう気をつけましょう!

食材に気をつける

糖質なんてどれも同じと思っている方も多いかもしれませんが
実は糖質には太りやすいものと痩せやすいものがあります。

量に気をつけても脂肪になりやすいものばかり摂っていては効果が半減してしまうので、できるだけ脂肪になりにくく代謝を高める食材を選びましょう!

痩せる糖質の食材リスト

痩せる糖質選びのポイントは食物繊維GI値
食物繊維は糖質の吸収を抑え、GI値は糖質を脂肪に変えにくくしてくれるありがたい存在。
このポイントを抑えた食材を選べば糖質を摂りながら、太りにくく痩せやすい体をつくることができるよ

タイミングを意識する

糖質を摂るときに意識して欲しいタイミングは食べる順番と時間帯の2つ。

食べる順番

よく野菜を先に食べると太りにくくなると言いますが、糖の吸収を穏やかにしてくれる食材を先に食べることで脂肪の蓄積を防ぐことができます。

おすすめ食材
  • 食物繊維を多く含む野菜
  • コーヒー
  • りんご酢
  • 緑茶
  • ルイボスティー

実はコーヒーやりんご酢にも野菜と同じく糖の吸収を穏やかにする効果があります。
糖質を摂取する前に摂ることで最大限効果を得ることができるので食べ順もしっかり意識してみましょう♡

食べる時間帯

糖質はエネルギー源なので、食べたぶんが消費されなければ脂肪になってしまいます。夜は寝るだけでエネルギー消費量があまり多くないので夕食は低糖質を心がけると一気に脂肪が落ちやすくなります。

逆に12:00〜15:00は1日の中で最も代謝が高くなるので
ガッツリしたものや高糖質なものを食べるならこの時間帯がおすすめです♡

やってはいけないこと

最後に糖質制限ダイエットで絶対にやってはいけないことをご紹介します。
成功率やリバウンドに大きく影響するのでしっかりチェックしておこう

  1. 他のダイエットとの併用
  2. 脂質やタンパク質の制限
  3. 人工食品や加工食品の摂りすぎ
  4. 偏食

他のダイエットとの併用

糖質制限に限らず、色々なダイエット法をいくつも合わせて行うのは体に大きな負担になり代謝を下げてしまうので絶対にやめましょう。
痩せたい欲が強い人ほどカロリー制限や食事制限も併用しているケースが多いのでダイエット方法は自分に合ったものひとつに絞りましょう!

脂質やタンパク質の制限

ダイエットでは何かを減らしたら別のものを増やすのが鉄則。
糖質制限では、糖質を減らすかわりに脂質は増やすのがセオリーです。三大栄養素全体を控えてしまうと栄養不足の飢餓状態からおデブ体質が出来上がってしまうので、糖質制限をするなら脂質とタンパク質は多めに摂るよう心がけましょう!

人工食品や加工食品のとりすぎ

人工食品や加工食品は消化の負担になるし代謝を下げるし栄養はないしでデメリットのオンパレード。
糖質制限にかぎらずダイエット中はできるだけ避けるのがおすすめです。

友人はこれを減らしただけで
−5kgのダイエットに成功♡

関連 

偏食

糖質という最強の栄養素を制限しているんだから、体に負担がかかるのは当然のこと。
そんななかでも代謝を維持したり脂肪を効率的に燃やすには栄養バランスがめちゃくちゃ重要になります。

サラダだけとかささみだけとか、そんな食事も立派な偏食になるので
ダイエット中こそいろんな食材から質のいい栄養素を摂るよう心がけましょう♡

食事制限なしで理想体型を手に入れる!食べて痩せる食事法

6 COMMENTS

ブログ作成、ありがとうございます
内容が簡潔でポイントとなる点も見やすく、とてもわかりやすく学べました✨
糖質は、世間に蔓延るイメージで太りやすいものと思いがちですが、むしろダイエットには欠かせない栄養素なのだと改めて思いました!
「糖質制限」ではなく、「糖質調整」もしくは「糖質管理」が、ダイエットへの近道であり、食事を楽しむためのポイントですね☺️

返信する
Lily

湯さんコメントありがとうございます!
お読み頂けてとても嬉しいです♡

わたしもずっと糖質制限をしていましたが無知で取り組んだため理想通りに痩せることができませんでした。栄養素に不要なものや悪いものはないので適正摂取量を守りつつ特性を味方につけてダイエットに役立てていきたいですよね☺︎

返信する
瞳子

わかりやすい説明ありがとうございます!
わたしは半年ほど某パーソナルジムに通っています。1日の糖質を80gほどに制限しつつ筋トレで筋肉量を増やすという方法で4kgほど痩せましたが、コロナウイルスによってジムが休業になり運動量が激減しました。外出自粛でストレスもたまり、食事量も増えました。糖質には気を付けていたつもりですが、確実にリバウンドし1ヶ月半で2〜3kg増えてしまいました。。もともと太りやすい体質でしたがジムで筋肉を増やしたはずだし、こんなに一気にリバウンドするとは思いませんでした。やっぱり糖質制限で筋肉量は減っていたのでしょうか。ご飯やパン大好きで、この半年かなり我慢していたのですが、完全に心が折れてしまいました。。

返信する
Lily

瞳子さん
コメントありがとうございます!
それは心折れてしまいますね‥一生懸命努力されて成果を出していただけにさらにお辛かったことと思います。
ですが長期にわたり食事と筋トレをコツコツ続けられる瞳子さんは本当にすごいですし、その継続力があれば確実に体は変えられますのでどうか安心して欲しいです☺︎

今回については瞳子さんの仰る通り、ストイックに運動と食事制限を頑張られていたことで低代謝になり食欲の暴走と蓄積モードが出来上がってしまったように思います。
摂取量を増やしつつもう少しスローペースで取り組めば必ず結果に繋がります。詳しいやり方については他記事にまとめてみたのでよかったら参考にしてみて下さい!

返信する
愛理沙

Lilyさんこんにちは
記事を読んでダメな事ばかりしてる事に気づいてしまった私ですが、、
毎日どのような時間にどのような食事をされているのか詳しく聞きたいです

返信する
aymsek

糖質制限等により、脳のブドウ糖が足りなくなると、筋肉内にあるブドウ糖を、筋肉を壊して補給します。なので厳しすぎる糖質制限では、筋肉がどんどん壊されてしまいます。髪や肌にも良くないですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です