体脂肪率はあてにならない!?理想の体型管理法

体脂肪率や体重で体型を管理する方法が一般的ですが、増減が激しく正しく計れているか疑問に思ったことはないですか?

そこで今回は、体脂肪率を正確に測る方法ダイエットの効率を上げる体型管理法についてわかりやすく解説していきます。

本記事の内容

  • 体組成計で測る体脂肪率はあてにならない
  • 体脂肪率を正確に測るには?
  • 体脂肪率や体重よりも正確な体型管理法

わたし自身 以前は体重と体脂肪率を毎日計っていたのですが入浴前後で5%も変動した経験から体組成計の真実を知り、現在の管理法に移行しました。

正しく管理できるようになると数字に一喜一憂することなくノンストレスで取り組めて、ダイエットの効率も上がるので体型の管理方法に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてね!

体組成計で測る体脂肪率はあてにならない

結論として、家庭用の体組成計ではかる体脂肪率はまったくあてになりません。

その理由は全部で3つ。

1.タイミングによって変動があるから

市販の体組成計で計る体脂肪率は、体の水分量によって割り出されています。

体に微量な電流をながして水分量を計り、体重に対して水分量が高ければ体脂肪は低く、水分量が低ければ体脂肪率は高く出ます

ですが体の水分量は、飲食はもちろん生理時期や入浴によって簡単に変動するため一定量を保っていないので正確な体脂肪率を計ることはほぼ不可能なのです。

例えば生理時期は浮腫みやすく水分量が増えるため体重は増えていても体脂肪率は低く算出され、起床後や飲酒後は喉が渇くことからもわかるように体内の水分量が枯渇するので体脂肪率は高く出るのです。

このように体が保有する水分量は常に変化しているため、通電性で体脂肪率を計る家庭用の体組成計では正確な数値はわり出せないのです。

2.水一杯で数値が変わるから

突然ですが、ポテトチップスと水どちらの方が体重が増えると思いますか?

もちろんポテトチップス!と思いますよね。

でも油が水に浮く事からわかるとおり、水は油より重たいのでスナック菓子を食べるよりも水を飲む方が直後の体重は増えるのです。

サウナやお風呂にはいると体重が落ちるのは水分が抜けるからなんだね

そのとおり!体組成計の数値はコップ1杯の水でも変化するので、計るたび増減するのは自然なこと。

朝と夜で数kg変わることもあるため、体重や体脂肪率の記録を体型管理の指標にするなら測定時間や環境などの条件を細かく守る必要があり、それが出来ていない測定はほぼ意味がないのです。

3.家庭用体組成計では正確な数値を計れないから

基本的に体組成計は 身長 体重 通電性 を計算式にあてはめて体脂肪率や筋肉量や基礎代謝の数値を割り出しています。

ただそれだと身長と体重が同じであれば同じ体脂肪率が出てしまうので、約100人分のデータを入れ1つの結果にならない工夫がされているのです。

つまり家庭用体組成計の体脂肪率は、BMI 電導性 100人分のデータを元に「このあたりかな?」という機械の忖度で決められているということ。

水分量や測定のタイミングによる誤差も含めたら、家庭用の体組成計でだす体脂肪率には約5~10%の差異が生まれることになり正確性はかなり低いのです。

体脂肪率は体組成計で計る以外にも計算式など色々な方法がありますが、これもまた数式にあてはめた結果でリアルな数値ではないため正確性には欠けるよ!

体脂肪率を正確に測るには?

それはズバリ、正確に測定できる体組成計を使うこと。

昨今では便利な機能付きの体組成計も多く販売されていますが、正確な数値を計測するなら信頼できるものはインボディ一択です。

インボディってなに?

医療用としても使われる精度の高い体組成計で、体内の状態を正確に知ることができる唯一の体成分分析装置。

高周波の電流を8点に流し、部位別に計測することで正確な数値を出すことができます。

 

またインボディでは、体脂肪率だけでなく体を構築する基本成分の 水分 タンパク質 ミネラル を分析することが出来より正確に体バランスを評価することができます。

 

【参考】Inbody 公式サイト

体型は筋肉・脂肪・水分の量とバランスによって左右されるためそれらを正確に把握することがダイエットを成功させるポイントとなります。

その点インボディは左右差はもちろん上半身下半身の脂肪量や筋肉量の違いも詳細に分析できるため、まさに効率的にボディメイクを行いたい女性にぴったり!

年齢や性別の入力も不要で100%リアルな数値がわかるのでより正確に体の内外の変化を管理することができ、効率的に理想体型を目指せます

インボディって初めて聞くけど本当に優秀なの?

たしかにTANITAやOMRONの方が有名だし優秀なのでは?と思いますよね

しかしインボディは病院やジムやエステなどで使われている業務用機器で、正確性では群を抜いており家庭用機器とは一線を画します。

その証拠にリハビリ施設や医療現場でも使われていて、インボディを設置しているかどうかで施設の質がわかるとも言われているよ!

業務用と遜色なし!家庭用インボディが最強

ジムや整体に通わないと正確に計れないってこと?

実はインボディは家庭用のものも販売されているので、それを使えば自宅でも簡単に体組成を計測することができるよ!

家庭用と言っても性能が落ちることはなく、業務用の最新インボディと比較しても測定結果の誤差はほぼ0で超優秀。

体重・体脂肪率・骨格筋量・内臓脂肪レベルを測定できるほか、アプリと連携すると体脂肪量や基礎代謝量まで確認することができるよ。

またアプリではグラフなどを用いながら測定結果をわかりやすく解説してくれるので、正確に効率よく体型を管理するなら家庭用Inbodyは最強です!

インボディの利用可能施設

ちなみにインボディを設置している施設はInboyの公式サイトから確認できます

参考 Inbodyが測定できる施設Inbody

ジムやエステや整体院に通う予定がある場合は、インボディが設置されているかどうかで選ぶのもおすすめです!

ただし公式サイトで確認できるのは施設側が登録しているものだけなので、お近くのジムや整体院にも設置されているかどうかを知りたい場合は直接施設に確認してみてね

体脂肪率や体重よりも正確な体型管理法

体型の管理方法には色々な方法がありますが、体脂肪や体重で管理するのが向いている人と向いていない人がいます。

  • 数字での管理が苦手
  • 毎日の測定結果に一喜一憂してしまう
  • 体重や体脂肪率を減らすために食事量や運動量を変えてしまう

これらに当てはまる場合は体組成計を使った体型管理は合っていません。

不向きな方法を継続してしまうと逆にストレスが溜まってダイエットは失敗に終わりますし、リバウンドや体調不良を引き起こしてしまう可能性もあるので、体重計の数値を指標にするのはやめて別の方法で管理するのがおすすめです。

体重計に乗らないと気が緩みそう・・・

そう思う方もいるかもしれませんが実際私自身も体重と体脂肪率は数年測っておらず、別の方法で管理しているけど変わらず体型をキープできているよ!

ダイエットにおいて大切なのは継続すること。

なので厳しい管理法よりも、できるかぎりノンストレスで自分に合った方法を選ぶことが目標達成の最大の秘訣なのです。

今回は実際に私が行なっている体型管理の方法2つをご紹介します!

鏡での体型管理が、一番正確で一番リアルです。

なぜなら鏡は嘘をつかないから。

体は立体なので、太さや体重は同じでも浮腫みや筋の入り方で見え方は大きく異なるもの。鏡ならその変化を一番正確に捉えることができます。

鏡の前に立って色々な角度から自分の体を眺めてみると、体組成計ではわからない変化や課題が見つかるのも鏡のいいところです。

また写真や動画におさめることでダイエットの経過を記録することも出来ますし、努力の結果を視覚的に確認できるとモチベーションも上がるのでおすすめ!

マッサージ

簡単に言えば、自分の体を触ること。

感触や厚みに着目しながら触診するようなイメージで自身の体をもんだりつまんだりすることで、自分の現在の体型をリアルに知ることが出来ます。

部位別の脂肪量をより明確に測れるうえ、道具なども一切必要ないのでいつでも簡単に行えるのも嬉しいポイント!

とくに冷えてる部位は脂肪がつきやすく落ちにくい箇所なので、念入りにほぐすことでダイエット効果をあげることも出来るよ

【即効性】おすすめマッサージグッズ4選【お風呂OK】

お洋服やメジャー測定を体型管理の指標にするのもおすすめ!

ですが体脂肪の増減を確認する方法ではないので、体脂肪を落としたい場合は鏡やインボディでの管理を試してみてね ☺︎

楽しく管理してダイエットを成功させよう!

正確な体脂肪率を知るのは難しいことですが、できるかぎり正しい記録を自分に合った方法で管理していくことはダイエットを成功に導きます。

自分の体と向き合うことは、理想を叶えること。どんな方法であれ楽しく管理しながら今日よりさらにキレイな体を目指していきましょう!

ちなみにおすすめの測定タイムは寝起きのトイレの直後!是非参考にしてみてね ☺︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です