【食事や運動より痩せる】ダイエット効果を上げる4つの習慣

ダイエットを摂取カロリーと消費カロリーの足し引きだと思っている方も多いようですが、実際は違います。脂肪が蓄積されるか燃焼されるかは日々の習慣によって大きく変わるのです。

つまりハードな運動や食事制限よりも習慣を変える方が痩せるということ。

なので今回はダイエット効果を爆上げする痩せ習慣を紹介していきます!
この習慣が身につけばハードに頑張らなくてもしっかり引き締まっていくし体型維持もラクになるので、できることから取り入れてみてね🤍

痩せるダイエット習慣

頑張らずに痩せ体質をつくる習慣はこちら。

  1. 生活リズムを整える
  2. 日光浴で体内時計をリセット
  3. 7~8時間睡眠で痩せ体質に

こんなんで本当に痩せるの?って思うかもだけど、脂肪が燃えやすくなり痩せやすくなることが生理学の研究でも証明されています📃

具体的に何を気をつけたらいいのか?
どんな効果が得られるのか?
ひとつずつ解説していきます

生活リズムを整える

わたしたちの体は常に日頃の生活リズムを分析し代謝を決めています。
そのため生活リズムが規則的であれば予想がつくためスムーズに代謝が行われて痩せやすくなり、不規則だと予想がつかないために代謝が滞ってエネルギー消費量が下がり太りやすくなってしまうのです😢

生活リズムを整えるポイントは全部で5つ。

  • 起床時間
  • 食事時間
  • 食事量
  • 活動量(運動量)
  • 就寝時間

この5つが固定されるだけで代謝や食欲が安定し、痩せスイッチがONになるよ!

日光浴で体内時計をリセット

体内時計は24時間周期ではないので毎日少しずつズレていきます。するとホルモンバランスや自律神経が乱れこんな作用が起こります。

  • 食欲が乱れる
  • 満腹感が刺激されず食べすぎてしまう
  • ホルモンバランスが崩れる
  • 不眠がちになる
  • 脂肪が燃えにくくなる

つまり体内時計が狂うと頑張っても痩せにくくなるということ🕰

リセットする方法は起きてすぐの日光浴。
窓越しから太陽を浴びるだけでもOKなので、寝起きはすぐカーテンを開く癖をつけましょう!

7~8時間睡眠で痩せ体質に

睡眠時間で、消費カロリーと摂取カロリーが大きく変わるって知ってましたか?

  • 睡眠不足の翌日は食欲コントロールが効かなくなり食事量が増える
  • 睡眠時間が6時間未満/10時間以上になると消費量が減る

なんと13万人以上を対象とした米韓の研究で、この事実が明らかになったのです。

睡眠時間が短い人ほど太りやすい?! やせ体質を叶える「理想の睡眠時間」って?
引用:beauty news tokyo

ちなみに7〜8時間の睡眠をとる人はBMI値が最も低く太りにくい体質であることもわかりました。

睡眠不足は食欲増進&消費量低下
寝すぎは代謝の低下につながるよ!

もっと読む 【寝るだけでー300kcal】痩せ体質を叶える理想の睡眠時間

「チリツモ」が成功の鍵

習慣って本当に効いてるのかわからないし食事制限と有酸素頑張った方が効率的じゃん!と、わたしもちょっと前まで思ってました。

でもサラダ生活にしても毎日10km走っても得られるのはその日の安心感だけ。翌日にはまた同じメニューをこなさないと体型維持すら出来ませんでした。
そんな無理なダイエットを何度も何度も繰り返してようやく気づいたのが痩せつつ維持もできるようになりたいならチリツモが一番大事ということ。

小さいことだから達成感も実感もあまりないけれど
定期的に起きる暴飲暴食も、頑張ってるのに痩せない謎現象も、痩せ習慣をコツコツ続けていたら気づけばなくなってました。

どうせダイエットするなら、簡単な痩せ習慣を取り入れて確実に効率的に結果を出していこう🚩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です